ロレックスとデイトナの細かすぎる小話裏話集

ロレックスの苦難、タコメーターの雑学など豆知識

ロレックスも辛く苦しい時代があった?デイトナの文字盤インダイヤルのお話などなど、興味ある小話を書いています。

ロレックスとデイトナの細かすぎる小話裏話集

ロレックスデイトナを買うなら正規店での購入をおススメしますが、楽天市場で安く買うのもいいかも知れませんね♪

デイトナはサイト運営者の誕生年を大きく遡った1963年という時代に誕生したということに、その歴史の深さをしみじみと感じ取っています。

ブランド腕時計の1つのモデルが半世紀以上もその歴史を作り続け、現在もなお進化しているという事実に、そのロレックスの偉大さとプロ意識が十分に伝わってくるのを感じます。

ですが、その歴史は決して順風満帆なものでもなかったようです。

というのも、ごく最近までその腕時計の動力部分を他社からの協力を得て生産活動を展開していたという事実も残っています。

ロレックスにとっては屈辱的な事実と言わざるを得ない状況だったのですね。

その屈辱的日々に対抗しながら、ロレックスという今日のブランド力と培ってきたという訳です。

そんな偉大なロレックスに対して、私自身は本当にちっぽけな一個人ですが、そのロレックスの素晴らしいプライドを見習い、どんなことに対しても「ネバーギブアップ」という姿勢を貫いていきたいと思います。

デイトナの文字盤で一番目に付きやすい箇所の一つに、インダイヤルも含まれるかと思います。

インダイヤルというのは、文字盤の中に装備された小さなダイヤルのことを言います。

デイトナのインダイヤルには、積算計(30分と12時間の2種類)と、スモールセコンド(秒針のことで60秒で一周する)があります。

その内、積算計はストップウォッチとして使用されます。

その3種類のアナログ式ダイヤルは、レーシングカーのタコメーターをイメージして設計されたとも言われます。

デイトナの文字盤のそのインダイヤルは、まるでレーシングカーのコックピットにいるかのような、そんな錯覚さえさせてくれる「男のロマン」というようなところではないでしょうか。

デイトナの文字盤には、3つのインダイヤル(アナログメーター)が装備されています。

そのインダイヤルは、レーシングカーのコックピットにあるタコメーターをイメージしたものと、このページ内にてご説明しましたね。

そのタコメーターとは、エンジンやその他機器の回転速度をアナログ的に測定、表示させる回転速度計のことをいいます。

レーシングカーで言えば、エンジン回転計や速度表示計などになるのかな?(私は車を持っていないので詳しくは知りませんが… ^^;)

では、なぜこれらの回転計はタコメーターと呼ばれるのでしょうか?

タコメーターは、英語で「tachometer」と表記されるのですが、この「tacho(タコ)」というのは、ギリシャ語で「速度」という意味になるそうです。

ですから、タコメーターは速度メーターという意味合いになり、いろんな機器においてその軸の回転数を測定する装置ということになるのです。

海にいるあの「タコ」が関係していると思っていたのですが、全然違いましたね。^^;

ロレックス デイトナのインダイヤルは、車のタコメーターを連想して作られたとこのページでお話したかと思いますが、この車のタコメーターというのは本当に必要な機器になるものなのでしょうか?

ちなみに車のタコメーターはドライバーが運転中に、そのエンジンの回転数などを把握するために存在するものです。

ですが、果たしてそんなエンジンの回転数など運転中にチェックするものだろうか?と私自身は考えてしまう。

自慢でなないですが、私は運転中にエンジン回転計などを見ることは絶対ないです。

まぁ~私のような一般ドライバーならともかく、レースの世界で生きていらっしゃるプロドライバーの方なら、そのタコメーターというのは重要な機器の一つとなっているのかも知れませんね。

エンジン回転計は、運転時におけるエンジンのパワーハンドやトルクハンドを把握、維持することが可能になるとのことでした。

パワーハンドとは、エンジンが最も効率的に回転するゾーンを言います。

トルクハンドとは、エンジンが最も効率的に空気と混ざって燃焼できる(混合気)ゾーンを言います。

レッドゾーンとは、車のタコメーターにある危険ゾーンのことで、たとえばエンジン回転計の場合、エンジンの回転数がその限界値を超えて故障する恐れの発生する危険ゾーンのことを言います。

たとえばすでにその危険ゾーンに達するような高回転域の状態で、さらにシフトダウンするようなことがあれば、エンジンに相当大きな負担を与えることになります。

ですので、プロのドライバーの人たちは、走行中も常にこの回転計を確認しながら、より効率的なドライビングを実現するように心がけているようです。

そのレッドゾーンがこのデイトナのインダイヤルにも再現してあるのでしたら、かなりカッコいいデザインになると思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

でも、残念ながらそれは再現されてないようで、車の好きな方でデイトナを買おうとされている方などは、少しガッカリされたかも知れませんね。^^;