デイトナ Ref.116500LN

デイトナ Ref.116500LN その基本スペックから価格情報、ランキングに至るまで

ロレックス デイトナ Ref.116500LNのすべてをご紹介中♪ その基本情報や裏情報、最安値、激安価格、格安ショップやランキングなど、デイトナ Ref.116500LNを手に入れる前の最終チェック♪

デイトナ Ref.116500LNとは?

ロレックス デイトナ Ref.116500LNを安く買うなら、大手通販ページで!

デイトナ Ref.116500LNは、2016年に登場したレーシングモデルのクロノグラフです。

正しくは、2016年に16年ぶりにモデルチェンジした第6世代のデイトナとなります。

クロノグラフとは、ストップウォッチ機能が付いた腕時計のことを言います。

2015年にロレックスが時計としての精度をより厳しく追及、再設定した高精度クロノメーターという基準を満たしている。

これにより、平均日差±4秒以内という公認クロノメーター基準を更に上回る精度を達成した。

腕時計としての機能性はもちろんのこと、そのデザイン性にもロレックス独自のこだわりが随所に追及された『究極モデル』と言っても過言ではないでしょう。

デイトナ Ref.116500LNは、2016年に登場し、2018年現在でも製造販売されている現行モデルです。

1963年のそのデイトナ誕生以来、約半世紀の時を経て登場したこのデイトナ Ref.116500LN。

レーシング用のクロノグラフとして誕生した傑作モデルと言われ、多くのファンを魅了し続けています。

ロレックスの腕時計でもより人気が高いと言われるのがこのスポーツモデルです。

様々なスポーツシーンにマッチする腕時計の総称で、機能的にもデザイン的にも「カッコいい!」という言葉が自然と出てくるタイプではないでしょうか。

このデイトナもスポーツモデルの1つに分類されます。(正確にはレーシングモデルとして誕生)

インダイヤルのデザインもまるでレーシングカーの計器類(タコメーター)を彷彿とさせるものになっています。

クロノグラフ(ストップウォッチ機能)や時速を計測する機能も備わっています。

ちなみにこのデイトナというネーミングは、アメリカのフロリダ州にある耐久レースのサーキット場の名前から付けられたという説があるそうです。

このデイトナ Ref.116500LNのムーブメントは電池交換の必要がない自動巻き式になっています。

ちなみに、ムーブメントというのは腕時計の時間を動かすための駆動機器のことを言います。

デイトナ Ref.116500LNでは、そのムーブメントに自社開発の「Cal.4130」が搭載されています。

その全モデルであった「Cal.4030」では、ゼニス社というメーカーの「エル・プリメロ Cal.400」というムーブメントが基盤になっていました。

そして、それにロレックスの技術陣が独自の改良を加えて完成、腕時計本体に搭載していたということです。

ですが、2000年というその記念すべき年にロレックス念願の完全自社生産モデルである「Cal.4130」が開発されました。

そして、デイトナのその最新モデル(2016年現在)である「Ref.116500LN」のムーブメントに、万を時してこの「Cal.4130」が搭載される運びとなったそうです。

    前モデルの「Cal.4030」からの変更点
  • クロノグラフ関連部品 ⇒ 60%カット
  • クロノグラフ針、30分積算計、12時間積算計のパーツ類 ⇒ 裏蓋側に集約
  • 秒針位置を9時位置 ⇒ 12時位置に変更
  • 片持ち式のテンプ受け ⇒ 両持ち式へ
  • パワーリザーブ ⇒ 52時間から72時間へUP
  • 秒針を止めるハック機能追加
  • ヒゲゼンマイ ⇒ パラクロムからブルーパラクロムへ変更

2006年、このデイトナ Ref.116500LNが登場したことにより、それまでのモデルからいくつかの変更点がありました。

    旧モデルからのおおまかな変更点
  • ベゼルがスチールからセラミックへ変更された。
  • デイトナはベゼル全体がセラミック。
  • タキメーターのフォントが変更された。
  • 100km/hまでは細かくなっている。
  • ムーブメントの精度基準が変更された。
  • 2016年、全モデルに高精度クロノメーターの適用により、日差が±2秒になった。
  • リファレンスが変更された。

デイトナに使われている素材には実に様々なバリエーションが存在し、ステンレスモデルとゴールドモデル、プラチナモデルがあります。

ステンレスモデルには、2種類のダイヤルがあり、ホワイトダイヤルとブラックダイヤルになります。(ref.116500LN)

ゴールドモデルには、2種類のバリエーションがあり、ホワイトゴールド(ref.116509)とイエローゴールド(ref.116508)になります。

その他、デイトナの機能としては、100mの防水機能、ケース径は直径 40mm・厚さ 9.6mm、風防はサファイヤクリスタルガラス、振動数は、28800振動になります。

さすがは「キング オブ デイトナ」と呼ばれるだけの機能とデザイン、性能を兼ね備えた腕時計ですね。

もはや、単なる時間を確認するだけの腕時計としての機能を逸脱しています。^^;

ロレックスの腕時計でも、とりわけ人気が高いとされるこのデイトナ。

「キング オブ デイトナ」とも評されるだけあって、このデイトナを愛用している各界の著名人も非常に多いようですね。

その著名人の方たちの愛用ぶりを少し見ていきましょう。

まずはタレントさんでは、所ジョージさん、木梨憲武さん、矢部浩之さん、土田晃之さん、日村勇紀さん、大竹一樹さん、田村淳さん、たむらけんじさん、渡部建さん、スギちゃんというような豪華な方々です。

そして俳優さんや歌手の方では、藤岡弘さん、京本政樹さん、竹野内豊さん、反町隆史さん、長瀬智也さん、浜崎あゆみさん、ペヨンジュンさん、大貫亜美さん、松本潤さん、村上信五さんというような超一流の方々です。

スポーツ選手では、原辰徳さん、栗山英樹さん、マラドーナさん、城彰二さんというような方々が有名です。

このような層々たる方々が、このデイトナを愛用されているという事実は、やはりデイトナがより優れているから、デイトナがより好かれているから、デイトナがよりカッコいいからに違いないということでしょうね。^^

ロレックスの腕時計でも一番人気のこのデイトナを腕に着けているというのは、人生における成功者の1つの勲章なのかも知れませんね。

デイトナ Ref.116500LNの次のモデルはいつ発売されるのか?

デイトナ Ref.116500LNの次のモデルはどんなデザインでどんな性能になるのか?

とても興味深いものですが、一般庶民である私の個人的な意見としては、できればお値段をもう少し下げて、入門モデルというか初心者モデル、飛行機の座席で言えばエコノミーモデルというような低価格層のモデルが出てくれればと思うのですが… ^^;

デイトナ Ref.116500LNを購入予定の方に、そのレビュー情報をお届けしたいと思います。

実際に某大手通販サイトで公開されていたレビュー内容ですので、ぜひご参考にして下さいね。^^

「購入後、しばらく装着しましたが、他のモデルより軽量感があり、装着感も煩わしく感じません。」

「手首にしっかりと馴染みます。プレミアム感は高いです。」

「時間が止まっている時、調整する手間を考えると、日付はない方が良いです。」

「購入するのに躊躇うほどの高価なモデルですが、買って損はしなかったです。さすがはデイトナ。」

「前モデルのRef.116520より数段存在感がアップし、デザインも古風になった感じ。」

「ブラックとホワイトのツートンカラーが際立って見え、とても男らしい風格のあるデザインという感じ」

「とても光沢感、高級感のある黒セラクロムベゼル、機能的にはクロノグラフと時間表示のみですが、光沢感のあるベゼルと文字盤により、スーツにも普段着にもチョイスできるデザイン。」

「このデイトナ Ref.116500LNの操作性は抜群に良い! 某高級腕時計ブランドのものとは違う!」

「ベゼルがセラミックになり、より実用的になった。更にデザイン性も向上したように思います。」

「光沢感のあるセラクロムのベゼルだけでも、見ていて惚れ惚れします♪」